思い

 

佐渡の豊かな自然の恵みのもとで醸され、佐渡特有の文化の中、佐渡の人々によって飲まれ続けてきた加藤酒造店の酒。


当たり前のことのようですが、この当たり前にこそ感謝し、大切にしていきたいと考えています。


量産や宣伝のための投資は控えめに、ただひたすら"良い酒"のために心血を注ぐ、「質実な佐渡の地酒」が私達の目指す姿です。


全量佐渡産米での酒造り

”米から手掛ける酒造り”をテーマに、佐渡島内の農家の方々と共に酒米作りに取り組んでいます。


佐渡の農業と共にこれからも歩み続けようという思いから、加藤酒造店で使用する原料米は全て佐渡産に統一しました。


朱鷺が暮らす佐渡の、多様で豊かな自然が未来にわたり続いていくことを願い、無農薬栽培や自然栽培での酒米作りにも挑戦しています。


良水を求めて辿り着いた仕込水

創業から約70年後の平成初め頃より、抜本的な酒質改善の必要性を感じ始めました。


より良い酒を造るためにはより良い水が必要と考え、良水を探し求める日々。


平成3年、創業の地から10kmほど離れた金井地区で、蔵の転機となる水に出会いました。


そこはかつて「勇駒」という銘酒を造っていましたが、後継者がおらず廃業した蔵の跡地。


それは、硬度1.8の清らかな軟水でした。


この水を使えば酒が必ず良くなると確信し、平成5年にその地へ蔵を丸ごと移転。


以来、この清冽な地下水を仕込み水として使い続け、加藤酒造店の酒の個性が形成されました。


蔵人の自己実現

新潟清酒学校にて新潟清酒の醸造技術を習得している、加藤酒造店の蔵人たち。


学んだ基礎や伝統をベースに、より"良い酒"を目指して蔵人ひとりひとりが挑戦する新しい酒造りを、しっかり後押ししたいと考えています。


これまで、蔵人の酒造りにおける自己実現は蔵の成長に繋がり、酒に表されてきました。


そしてこれからも、蔵人の自己実現は、蔵の進化の原動力になると信じています。


はつらつと酒造りに励む蔵人たちの姿を、酒を通して感じていただければ幸いです。